心理学/アートで本質を伝える襟田麻衣のブログ

18年のひきこもり&発達障害(ADHD&ASD)うつ病を経て、伝えたいことを心理学やアート、ブログで発信!!

二次障害が改善されると発達障害も改善されました

f:id:ikidurasa:20171223215314j:plain

すると発達障害で現れている長所が伸びるほか、欠点も改善されるようです。

現在ADHD自閉症スペクトラムと診断されています

それと同時に精神障害神経症の症状が確認されたため、うつ病の診断書を書かれたこともありますが、現在の主治医に限ると、「精神病というよりは、環境の不適応が原因であらゆる症状だけが出ているのではないか?」という意見です。

確かに環境が改善されると、同時にうつが軽減した経験があるため、それは正しいと思います。

しかし、

  • 環境調整には限界があるかもしれない
  • そのため自分の特性を改善させていくことが必要性を感じる
  • 一方で自閉症スペクトラムという診断は疑わしい

というのはある気がします。

ここから伸びた長所と改善された欠点を挙げていきます。

伸びた長所4つ

  1. 豊かな発想力(アイディアが出やすくなった)
  2. 法則を発見しやすい特性
  3. 学校の成績が上がるなど学問を深めること
  4. その他それぞれの長所が伸びる

ADHDは発想力の豊かさがあり、芸術的才能や学者、営業をする上で必要な発想力や創造力が強化されます。

一方でアスペルガーは法則を発見する能力に優れているといわれており、その能力を伸ばすと学者、技術者として成長できます。

ところが、うつなどの二次障害があると発達障害特有の長所が伸び悩むのです。

発達障害ADHD自閉症スペクトラム)は、ネーミングや従来からのイメージ、高年齢者や子育て未経験者を中心とする知識のない層があるからか、マイナスイメージを抱く人がまだまだ多い印象があります。

しかし実際にはADHD自閉症スペクトラムには、それぞれ長所になるような特性があるので、定型発達者とは違う教育を行うことによって、発達障害者はどんどん長所を伸ばしていくことができます。

発達障害の克服の結果として、日本では欠点を改善し普通の人と同じように暮らせることを求めることが多いです。ところが欠点の改善より長所を伸ばすことで、普通の人ができないこと(学問や芸術的才能など、いわゆるギフテッドが持つという才能すべて)を成し遂げようとする国のひとつにアメリカがあります。

アメリカでは州によるかもしれませんが、ADHDの子どもには専用の英才教育を受けさせたり、アスペルガーの子どもがギフテッド認定されると、同じく専用の教育を受ける制度があります。

その結果、シリコンバレーにはGoogle社やFacebook社などのIT関連企業に、ギフテッドとして教育された大人が技術者として働いています。

ADHDの場合は日本でも欧米でも、アーティストやタレント、役者として大成する人が多いようです。

改善された欠点5つ

  1. 判断力のなさ
  2. 対人コミュニケーション能力のなさ
  3. 思考のまとまりにくさ
  4. ミスを発見しやすくなる
  5. 集中力しやすくなる
  6. 自己肯定感の低さ

長所の伸びは自覚しにくいですが、欠点の改善はわかりやすく認識できます。

思考しやすく頭の回転が早くなったことで、1~5が改善され、6の自己肯定感が上がるので、好循環していきます。

心の調子が良くなると、薬の効果が出始めたような爽快感がありますね。

二次障害持ちはそちらを優先して治療した方がいい?

医師の多くは二次障害より発達障害に注目します。薬物療法などで改善させることで、同時に二次障害を回復できると思っているようです。

ただ、精神科医の星野仁彦先生の著書、「発達障害に気付かない大人たち」という本では、ADHDやASには二次障害を併発している事例が多いことや、二次障害の改善を優先するよう書かれています。

個人的には二次障害を先に改善することで、発達障害そのものが良くなっている感覚があるので、そちらを優先するのも一つの手だと思います。同時に愛着障害などの別の原因が複雑に絡み合っているケースがみられるからです(少なくとも、私はアダルトチルドレン愛着障害の傾向があります)

最も私は典型的な発達障害者ではないので、これが多くの発達障害者の共感を得られるかはわかりません。

ただ発達障害と誤診されているHSPやHSS(エンパス)も一定数存在するようなので、HSPの研究が発展すれば、同時に発達障害との違いも浮き彫りになり、どちらも解明されていく日が来るのではないでしょうか?

P・S
今日は気分が好調なので、ブログを集中して書けました! 普段は気が散りやすいことが多いのに!

Twitter「襟田 麻衣の詩&言葉bot」
Facebook「襟田 麻衣」
Instagram 「柴犬など犬アカウント」
Instagram 「襟田麻衣の絵、日常アカウント」
各種フォローお気軽に♪

ホームページ「麻衣ミュージアム」
ご意見、ご感想はこちらまで